ようこそ ゲスト 様

ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)
ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)
ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)
ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)

ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)

  • 学名:Eucalyptus citriodora
  • 科名:フトモモ科
  • 種別:COSMOS ORGANIC 認証取得

ユーカリブルーガムのような染み透る強さはありませんが、リッとしたスパイシーな香りにシトラスの雰囲気が合わさった印象を持つエッセンシャルオイルです。
ギリシア語で「しっかりとした」という意味の「eucalyptos」からその名がつけられました。
オーストラリアの先住民であるアボリジニは、感染症や発熱の症状に使用し、燃やしててその煙を吸入していました。また、熱冷ましの木としても知られています。
憂うつな気分をクリアに一掃すると同時に、心をチャージして、生き生きと元気になる力を与えてくれます。
「肺を開く」という代名詞があり、主に呼吸器系によく働くことで知られ、さらに風邪にまつわる一般的な症状にも役立ちます。

容量と価格

  • 5ml:¥1,980
  • 10ml:¥2,750
¥1,980(税込)
Sharing is caring.
・原液を直接肌に塗布しないでください。
・飲用は絶対に避けてください。
・高温多湿での保管を避けてください。
・お子様の手の届かない所に保管してください。
・目には絶対に入れないでください。
・ボトルは立てた状態で保管してください。
・開封後は6ヶ月を目安に、お早めにご使用ください。
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
COSMOS ORGANIC認証書はこちら
成分分析表はこちら

ユーカリプタスの葉がもつ精油

ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)
燃えてしまっても、ミネラル分を栄養として再生するユーカリプタス。逞しく勇ましい木です。

ユーカリプタスの葉を太陽に照らすと、精油成分を目視することができます。葉がそれだけの精油を保持しているため、オーストラリアの強い太陽光をあびて精油が揮発していき、空気中に精油の層をつくるBlue haze【ブルーヘイズ】という現象があります。オーストラリアならではの圧巻の光景です。反面、燃えやすいということでもあり、ひとたび山火事が起きるとなかなか収束せず、広範囲に燃えひろがってしまいます。

ユーカリレモン Eucalyptus citriodora

ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)
赤みがかった樹皮が特徴

ユーカリレモンは、オーストラリアの北東岸、クイーンズランド州のケアンズからマッカイ、メアリーバラに点在しています。50メートルほどの大きな木に育ち、赤みがかった樹皮が特徴です。ユーカリプタスは、香りのないものもありますが、ユーカリレモンの葉をつぶすと強いレモン香が放たれます。

成分と香りの特徴

ユーカリレモン(Eucalyptus Lemon)
ひょろっと細い葉をしています

ユーカリレモンは、シトロネラールを約55%保持するため、強力な虫除けや抗真菌を目的に使用される事が多い精油です。存在感の強い香りを保持し、苦手に感じる方もいる精油ですが、オーストラリアの人々はユーカリレモンが好きな方が多く、芳香用にも使用しています。ボリュームの大きなレモン香を楽しみたいときに、ぜひチャレンジしてみてください。その場合には、香りのバランスのために多容量はさけてください。海外での例として筋肉のけいれんの緩和や関節痛、骨関節炎の鎮静、爪白癬といった症状への活用やサポートも期待できますが、多量に使用すると皮膚への刺激が強く、かゆみや赤みが出ることもあるため、少量もしくは使用量は予め十分に確認してお試しください。