ようこそ ゲスト 様

ベルガモット(Bergamot )
ベルガモット(Bergamot )
ベルガモット(Bergamot )
ベルガモット(Bergamot )

TOP SELLERベルガモット(Bergamot )

  • 学名:Citrus aurantium ssp.bergamia
  • 科名:ミカン科
  • 種別:COSMOS ORGANIC認証取得商品

柑橘系精油の中でも、甘みとほろ苦さがとてもバランスのよい香りのエッセンシャルオイルです。
イタリアの民間療法として大切な役割を果たしたベルガモット。16世紀には植物誌に消毒剤や解熱剤として紹介され、ナポレオンの時代には香水として人気に。その後、オードトワレの重要な材料のひとつとなりました。
深く心を落ち着かせ、穏やかに調子を整えます。神経性の消化不良や感情的なストレスによる食欲不振にも。
※柑橘系のエッセンシャルオイルの主成分であるテルペン類は、希釈や使用量によっては皮膚に刺激を感じることもあります。

容量と価格

  • 5ml:¥2,376
  • 10ml:¥3,456
¥2,376(税込)
Sharing is caring.
・原液を直接肌に塗布しないでください。
・飲用は絶対に避けてください。
・高温多湿での保管を避けてください。
・お子様の手の届かない所に保管してください。
・目には絶対に入れないでください。
・ボトルは立てた状態で保管してください。
・開封後は3ヶ月を目安に、お早めにご使用ください。
・フロクマリン類が含有されているため、強い光毒性がみられます。肌に塗布した場合、2時間は肌を直接日光に当てないでください。また1%以下に希釈して使用ください。
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
バッチNo:(頭3桁)L8E 
産地:イタリア
香り:このバッチは軽やかな甘さとともに落ち着いた軸にあるグリーンで調和のとれた安心感を感じる香りです。
COSMOS ORGANIC認証書はこちら
成分分析表はこちら
テストHow to use入る

心地よさを感じることのできる香り

ベルガモット(Bergamot )

"フレッシュな爽やかさとグリーンビターな甘さが心地よく、心の奥深くを優しく揺さぶるような香りを届けるベルガモット。イギリスの民間伝承では、多産をもたらす植物として大事にされており、花嫁を送り出す際、嫁入り道具のなかに一緒にいれられていたそうです。その香りで、心を落ち着かせる役割も果たしていたのかもしれません。
世界中の人を魅了している有名な紅茶のアールグレイの茶葉の香りづけとしても使用されているため、""どこかで嗅いだことのある香り?""と感じる方も多い香りではないでしょうか。"

ベルガモットの芳香成分

ベルガモットの芳香成分は、約40%のリモネンと約35%の酢酸リナリルが大半を占めています。強い鎮静作用があるといわれるエステル類の酢酸リナリルは、ラベンダーやクラリセージ、ネロリにも含まれる鎮静成分です。長時間、集中して物事に向かっている時や神経疲労を感じる時、考え事が頭から離れない時に、是非ベルガモットを活用してみてください。しっとりと優しくやわらかい風が流れるように、熱を帯びた頭の中と心を整え、やさしくリフレッシュをもたらしてくれるでしょう。消化器の不調や神経疲労からくる症状を、穏やかにサポートしてくれる精油です。

ベルガモット(Bergamot )

柑橘精油の多くがもつ高揚感ある明るい甘さは、もちろんベルガモットも同じく持ちあわせています。ですが、ただその高揚感や明るさだけではなく、同時に疲労感やさびしさなど、心身に感じるこころの痛みを感じるような、そんな感覚にそっと温かい手を差し伸べてくれる香りです。さりげなく、そしておどろくほどの確証を得て、心の解放感をもたらします。ブレンドに利用する時には、他の精油と混ぜる際に全体の50%ほどをブレンドすると良いでしょう。甘さを強調したいときには、オレンジスウィートと半分半分でトップノートを構成するのもおすすめです。ぜひ、グリーンな苦みと甘さのバランスを生かしたブレンドをお楽しみください。